沿革
会社概要

沿革

昭和25年 燕市大字燕において、煙管・家庭用金物の製造・販売を目的に資本金40万円で三宝産業株式会社を設立
昭和27~34年 ステンレス材料によるポット類(コーヒー、ティーシュガー、ミルク)・カクテルシェーカー・ウィスキーボトル・アイスクリームディッシャー等、業務用卓上器物の製造販売に転換
昭和35~39年 東京オリンピックを目標にして、ホテル・レストラン向けテーブルウェアの開発に注力する
昭和40年 新工場を建設し、営業拠点を燕市南6丁目へ移転
昭和42年 第2工場を建設
昭和51年 第3工場を建設。
資本金を昭和38年・40年・42年・45年・48年・51年に増資し、現在の4500万円に至る。
昭和45~53年 ローストビーフワゴン等のワゴンシリーズ、バンケットウェア(宴会食器)の開発に注力する
昭和54年 小池団地に団地第1工場を建設
500t油圧プレスと300tダブルクランクプレスを設置
昭和56年 倣いフライス盤を導入
昭和59年 小池団地に団地第2工場を建設
300t油圧プレスを設置
昭和61年 本社にショールームを開設
昭和62年 小池団地に団地第3工場を建設
平成元年 小池団地に外注工場アパートを建設
ワイヤー放電加工機を導入
平成2年 小池団地に団地第4工場を建設
寺泊に保養所(カナディアン・ログハウス)を建設
二次元レーザー加工機を導入
平成6年 NCフライス盤を導入
平成7年 小池に金型倉庫を建設
平成8年 小池に洗浄棟を建設
三次元レーザー加工機を導入
平成9年 500t油圧プレスを設置
平成10年 300t油圧プレスを設置
YAGレーザー溶接機を導入
平成11年 二次元レーザー加工機 入替
平成12年 小池にタレパン工場を建設し、タレパン2台を設置
パンチングシリーズ開発
平成14年 タレットパンチプレス2号機を導入
平成16年 高出力レーザーマシンを導入
平成19年 丸山武司氏が社長に就任
平成21年 タレットパンチプレス1号機 入替
平成22年 ユキワタンブラーシリーズ開発
平成23年 三次元レーザー加工機 入替
平成25年 YAGレーザー溶接機 入替
平成27年 タレットパンチプレス2号機 入替
新社屋完成・事務所移転